16mの豚腸が絡まった!全集中で実験だ!

「小腸の長さは,どれくらいだろうか?」と子どもたちに尋ねると,

「1mくらい?」「4mくらいかな?」

「口から胃を通ってきた栄養分は,小腸でもれることはないのかな?」

「漏れたら大変だよ」など,子どもたちは,自分のおなかにある身近なものであるが,直接見たことがない小腸についての考えを答えました。

そこで,実際にブタの小腸を見せると,

「わあ,長い!」「こんなに細いんだ!」「小腸からまってるよ!みんな!全集中だ!」






「小腸の管はもれるだろうか?」の透過実験。左の豚腸にデンプン溶液,右の豚腸にブドウ糖溶液を入れて,実験。







10分後。

左端Aの試験管は,デンプン溶液にヨウ素液を入れた結果,青紫色に変化。

左から2番目の試験管は,豚腸にデンプン溶液を入れたビーカーの水にヨウ素液を入れた。その結果,変化なし。

右から2番目の試験管は,水にベネジクト液を入れた。対照実験用。

右端の試験管は,豚腸にブドウ糖溶液を入れたビーカーの水にベネジクト液を入れて加熱した結果。

赤褐色になった。ブドウ糖が検出された。

 この結果から,豚腸は,デンプン溶液は通さない。ブドウ糖は通ることが判明。

小腸で,消化・吸収されたブドウ糖(養分)が毛細血管を通してからだ全体にいきわたることを理解。







0回の閲覧

お問い合わせ

岡崎市柱四丁目10番3

大鉄ビル1-A

​​

TEL: 0564-47-8917

FAX: 0564-47-8917

info@oha-lab.com